9月5日 オンラインプレパパママ教室を行いました

更新日:11月13日

9月5日(日)オンラインプレパパママ教室を行いました。

県内に緊急事態宣言が出ている中での開催ということもありますが、コロナ禍ということもあり4月より継続してオンライン(zoom)開催となっています。


今回は、8月の開催がなかったため、参加人数が多く、初めから2グループに分かれての開催となりました。

1グループは参加者さん3名と先輩パパママ、2グループは参加者さん5名と先輩パパママにご参加いただきました。


講師は岐阜県立看護大学の服部先生と、長良医療センター助産師の神谷先生のお二方で、それぞれのグループに分かれてお話をいただきました。

多胎妊娠における膜性診断、妊娠期のリスクや産後に注意すべきこと、利用できる社会資源などを専門家の立場からお話しいただき、妊娠期も安定期が多胎妊娠では存在しないこと、とにかく安静を心がけること、産後は、「お母さんの体一つだけで、なんとかしようと思ってはいけない。まわりの人を頼ってください。育児や家事を完璧にしようと思わず、細かいことは気にしないようにしましょう」と、心強いアドバイスをいただきました。


グループトークでは、今回はパパとママの実母さんの参加が1組ずつということではありましたが、ママとパパに分かれてのトークになりました。

コロナ禍の妊娠ということで、1つのグループではワクチン接種の話も出てきましたし、妊娠中のこと、産後のこと、困っていること、心配なこと等お話しいただけたでしょうか?

先輩ママがどんな風にしていたか、先輩パパからは、産後のママを支えながらどんな気持ちでいたか、具体的にこういう時はこんな風にした、といったお話もあったと思います。


最後に先輩パパママからのエールをもらって閉会となりました。


1回の短い時間では話しきれないこともたくさんあります。また、妊娠中も刻々と状況が変わっていくため、不安なことも変わってくると思います。不安なこと、心配なことを聞いてほしい、訪問してほしい等、担当サポーターや、ぎふ多胎ネット事務局あて(gifu.tatainet@gmail.com)にご相談ください。

また、次回以降(次回は10月10日)のプレパパママ教室に参加いただくこともできますし、いろいろなふたごちゃん、みつごちゃんママと話したい、聞きたい!という方にはWebおしゃべり会も実際に育児中のママとお話しできるいい機会です。(9月6日、24日、10月12日、28日に予定しています。)


みなさまのご無事の出産を心からお祈りしております。