1月28日 オンライン・シンポジウムのご案内

1月28日にオンライン・シンポジウム「コロナ禍での妊産婦を共に支えるために ~医療・地域・オンラインの現場から~」が開催されます。

※このイベントはぎふ多胎ネット主催のものではありません。外部のものです。ぎふ多胎ネットの理事長糸井川もパネリストとして参加します。


下記のご案内、およびPDFファイルをよくお読みの上、ご参加ください。



ホームスタート・ジャパンでは、子育て家庭の孤立を防ぐために、地域住民による家庭訪問型子育て支援活動を全国113地域で取り組んでいます。2016年からは、初産婦も訪問できる産前産後支援体制を整え、地域の関係機関と連携しながら、産前から乳幼児期にかけての切れ目ない支援を届けています。


近年のコロナ禍で妊産婦の孤立感は一層深まっており、産後うつや児童虐待相談の件数が増加しています。本シンポジウムでは、母性看護・多胎支援・オンライン情報提供・家庭訪問型子育て支援の現場から状況を報告し、妊産婦の孤立を解消するために、さらにどのような連携や工夫が支援者間で必要か、多方面の方々と共に話し合います。


日時:1月28日(金)13時30分~16時

参加費:無料

定員:100名


事前申込が必要です。

右URLのフォームよりお申込ください。https://bit.ly/3K2CzkI

シンポジウムのチラシ


主催:特定非営利活動法人ホームスタート・ジャパン(積水ハウスマッチングプログラム助成)

お問合せ先:

特定非営利活動法人ホームスタート・ジャパン(www.homestartjapan.org

〒169-0072東京都新宿区大久保3-10-1 B棟2F 担当:山田・小原

TEL:03-5287-5771 FAX:03-5287-5770

メール:info@homestartjapan.org


オンライン・ミーティング(zoom)を使った開催になります。

※当日はお申込み後に返信される確認メール内のリンクからご入場ください。

13時より開場しています。

※zoomについて

本説明会はzoomオンラインミーティングアプリを使用して開催されます。アプリは無料でダウンロード可能です。PCからは、アプリのダウンロードをせずにブラウザー(Google Chrome等)で参加することも可能です。スマホの場合はアプリが必須となります。


当日のプログラム:

1.パネリストの発表

NTT東日本関東病院母性看護専門看護師 長坂桂子様

一般社団法人日本多胎支援協会理事・NPO法人ぎふ多胎ネット理事長 糸井川誠子様

NPO法人きずなメール・プロジェクト代表理事 大島由起雄様

NPO法人ホームスタート・ジャパン共同代表・NPO法人わこう子育てねっと代表理事 森田圭子


2.パネルセッション


3.参加者交流・グループトーク「妊産婦支援の現状と課題」


リフレッシュタイムに「疲労改善ストレッチ」体験版を紹介します。

(NPOフィット・フォー・マザー・ジャパン理事長小林様)

最新記事

すべて表示

一般社団法人日本多胎支援協会より皆様に、調査協力のお願いがありましたので、ご案内いたします。 ぎふ多胎ネットも、日本多胎支援協会の団体の1つです。 ※日本多胎支援協会については、上記リンクをクリックしていただくと、ホームページにて詳細を確認できるようになっております。 ぜひとも、調査へのご協力をお願いいたします。 下記以降のリンクにつきましては、当団体ホームページの外部リンクとなります。 趣旨等ご

2月13日(日)に行われるプレパパママ教室についてお知らせです。 予定では、多治見市保健センターでの対面とオンラインの二本立てで開催することになっていましたが、コロナウイルスのオミクロン株による全国的な感染拡大を受けまして、zoomによるオンライン開催のみとさせていただきます。 なお、開催時間等については変更はありません。 多胎妊婦さん、ご家族のご参加をお待ちしています。 事前にお申し込みが必要で

ぎふ多胎ネットにご登録の皆さま ぎふ多胎ネットでも調査をいたしましたが、日本双生児研究学会が昨年に引き続き全国調査として実施されるとのことで、日本多胎支援協会からぎふ多胎ネットにも調査に協力くださいという旨の連絡がありました。 多胎家庭の現状を社会に理解してもらうために、ぜひご協力ください! またTwitterやインスタグラムなどで拡散し、協力を呼び掛けていただけるとありがたいです。 たくさんの数