フォローアップ、事例研修会、エリア会議(飛騨地区)を行いました

9月16日、飛騨地区のフォローアップ講座、事例研修会、エリア会議は、県内の緊急事態宣言のため、開催予定時間を10時から12時、13時~14時までに分けてオンライン(zoom)にて行われました。


<フォローアップ講座>

飛騨地区の担当をしていただいている飛騨保健所の保健師さん、および当団体スタッフ6名が参加、受講しました。

岐阜県立看護大学の服部律子先生から、「多胎妊娠・出産の現状と課題」について、詳しくお話ししていただきました。

コロナ禍で更に不安が増し、孤立化もしやすい状況であること、妊娠期だけでなく出産後も寄り添い、支援する重要性を再認識しました。

今日学んだことを今後のサポートに生かしていきたいと思います。



<エリア会議・事例研修会>

飛騨保健所の保健師さん、当団体のサポーター7名が参加しました。


始めに当団体の理事野村が「双子等妊娠サポート事業」の流れを説明し、次に飛騨地区エリアマネージャーより、昨年度からのサポートの事例を具体的に説明しました。

1年間事業に関わっての課題や問題点を意見交換し、行政との連携を密にし、妊娠初期から産褥期以降まで、切れ目のない、きめ細やかな支援ができるよう確認しました。

誰一人取り残すことなくサポートできるように取り組んでいきたいと思います。