017.png

行政・医療職・支援者の方へ

ふたご・みつごなど多胎家庭は妊娠期から情報不足で孤立しやすく、出産後も育児困難に陥りやすいという課題があります。
当事者やその家族、支援団体だけではなく医療・行政・地域保健・福祉・教育などの分野の人たちと連携しながら地域ネットワークで支援していくこと、またそれらを取り巻くたくさんの人たちの支えが必要です。

ご相談は、『お問い合わせ』からどうぞ。

 

妊娠期サポート

多胎支援は妊娠期からのスタートが鍵。
母子手帳発行日から多胎育児経験者であるピアサポーターが地域保健や医療と連携しながら多胎妊婦や家族をサポートする仕組みです。
(岐阜県子育て支援課委託事業)

 

多胎サークルや

つどいサポート

県内で開かれる「ふたごの会」などにピアサポーターを派遣し、多胎ならではのテーマで話し合いを行ったり、相談を伺います。また会の運営相談にものります。行政主催の「多胎の会」や地域の民間の多胎サークルの運営をお考えの方はご相談下さい。

 

地域に根ざした

多胎支援研修会の開催

事例研修会、評価会などに参加して、地域の多胎支援を担っているピアサポーターと一緒に地域課題について考えましょう。
助産師・保健師・保育士など専門職として地域の多胎家庭の実態を聞き、子育て支援者と共に、多職種協働のヒントを学んで、明日からの支援に活かしてみませんか。

 

多胎支援に必要な

人材の育成