5月12日 ピアサポーター養成講座をおこないました

5月12日(水)に「ピアサポーター養成講座」をオンラインにて開催しました。




最初にぎふ多胎ネットの団体説明と、参加者の自己紹介があった後、講師の岐阜県立看護大学・服部律子先生より『多胎の妊娠出産の基礎知識』の講義がありました。


多胎の妊娠から産後にかけての特徴と、なぜ多胎家庭には支援が必要なのか、ピアサポーターの役割についてのお話がありました。

受講した皆さんは、自分のことを振り返りながら、真剣に耳を傾けていました。


最後に質問や感想を一人ずついただきました。

それぞれ大変だったけれど貴重な経験をされており、「これからのママの役に立ちたい」という言葉がたくさん出てきて、とても心強く思いました。


来週にはもう一つの講義『初めての傾聴』を受けて、ピアサポーターの資格の取得となります。