産後パパ育休制度について

中日新聞10月1日(土)朝刊の11、12に全面広告が入っていました。『育児のミカタ』の広告の中に、産後パパ育休制度関連の表がありましたので、下記で紹介します。


元からある育児休業制度も10月1日から一部変更になっていますが、産後パパ育休制度は、育休とは別に取得可能になります。


諸条件によって変わる部分もありますので、詳しくは、厚生労働省のホームページ(外部リンク)も併せてご覧ください。

※厚生労働省のホームページ下部にある別添資料1(PDF)では制度について、さらに詳しく確認できます。


多胎児家族にとって、育児休業制度は必要な方も多いはず・・・。

しかし、そもそもどんなものなのかよくわからない・・・という人も多いですよね。

今日から変更される部分も含めて、制度そのものを確認してみるのもいいかもしれません。

まずは、ご夫婦、ご家族で、どうしたいのか、どうやって産後の大変な時期を乗り越えるのか、よく話し合ってみましょう。

最新記事

すべて表示

12月14日(水)南姫公民館で開催予定のにこにこ子育て教室(東濃会場)について、定員の8組のお申し込みをいただきました。 これ以降のお申し込みについてはキャンセル待ちの受付になりますので、あらかじめご了承ください。

11月13日(日)に岐阜市長森コミュニティセンターで開催予定のプレママパパ教室(岐阜会場)について、対面での定員数5組のお申し込みをいただきましたので、以降のお申し込みについてはオンライン参加のみの受付になります。 オンラインでのご参加の場合はzoomを利用しますので、URLを別途ご連絡いたします。届きましたURLからご参加ください。 対面でのご参加をご希望の方は、次回は、12月11日(日)東濃会

11月16日(水)岐阜市長森コミュニティセンターで開催予定のにこにこ子育て教室(岐阜会場)について、定員の16組のお申し込みをいただきました。 これ以降のお申し込みについてはキャンセル待ちの受付になりますので、あらかじめご了承ください。